【質問】生活保護を受けていますが、お部屋が見つからない理由はなんですか?

生活保護のお客様はご相談可能でしょうか?

こちらの物件はご遠慮させて頂いております

8割ぐらいの確率で断られてしまいます

目次

大家さん・管理会社の意向

お勤めをしていない方はダメというパターン

生活保護への先入観


生活保護はけしからん。
と思われてしまっているパターン

過去のトラブルの積み重ね

大家さん・管理会社さんが
過去に嫌な出来事を経験してしまったパターン

【結論】

「生活保護受給者=トラブルが起きやすい」
と思われてしまい
断られてしまう事がとても多い

【対応策】

準備中

この記事を書いた人

生活保護専門の不動産屋として、2013年鶯谷にて「鶯谷不動産」を開業。2016年、北千住移転の際「株式会社うぐいす不動産」に法人化。2020年、栃木県小山市へ移転。2022年、東京都居住支援法人に指定。これまでに成約された生活保護のお客様はおよそ500人以上。【生活保護受給者】のお部屋探しは色々な条件が絡み合います。福祉事務所からの許可をはじめ、オーナー・管理会社・保証会社等、全ての条件をクリアしなければいけません。このブログでは10年間の経験で得た、リアルな現状をお伝えいたします。

目次